「Petit Ours Brun」フランス語で「ちいさな茶色いベア」という意味。
by petitoursbrun
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


第1回Teddy Bear tripの報告

b0083437_1050162.jpg
「第1回Teddy Bear Trip in上越」開催!



9月30日(土)、10月1日(日)2日間に渡り、私の故郷 新潟県上越市で地方初のミニコンベンションを開催致しました!

会場は、“JAえちご上越・あるるん畑”会議室と言う事もあり、新鮮な秋の味覚・農産物が沢山。会場内で安く買えます♪

私達は、前日29日の昼からテーブルセッティング、最終打ち合わせの為会場入りした。

地元FMラジオ局の生番組に電話で出演して、おもいっきりPR!



初日9月30日は、秋晴れの涼しい中、当日早朝7時から会場へ出展者が集まった。

出展テーブル10、チャリティーオークション出品テーブル1と、とっても小さなテディベアコンベンションでした。



AM9時45分、全体ミーティング後お客様をお迎えする準備完了!

各自テーブルに着いてオープンを待つ。

AM10時、オープンと同時にお子さん連れのお客様が来場。

(この日は、あちこちで運動会日和だったらしく、午後から徐々に来場者も増えた)

順番待ちが出来るほど、180cmのBig ベアとの記念撮影も大人気♪

地元ケーブルテレビと、新聞社が取材もありDMと前宣伝のお蔭で、沢山の方に観に来て頂けました。



私達が開催したミニフェスのタイトルは『Teddy Bear Trip』

その名の通り、テディベアを通じて全国の地方を旅する事です。「TeddyBear Trip」は、 “草の根運動”です。

15年前、まだ日本にテディベアが根付く前を思い出して、もう1度改めてテディベアを広げたいと思いました。

これからは、地方からコツコツ広めていく事も必要だと感じました。

(地方出身の作家ならではの発想です。)

ならば、こちらから地方を巡り、そういう方達に少しでも「テディベアコンベンション」の雰囲気だけでも体験して欲しい!と考えました。

今回第1回で、新潟中心の作家やお客様に声を掛けました。私達の企画に同意して下さった方とともに、『成功させたい!』と気持ちを一つにして望みました!



地方作家は中々コンベンションに出展が出来ず、直接お客様に作品を見ていただけるチャンスも少なく、いい経験が出来て嬉しいと言っていただきました。

何もしなければ何も始まらないし、やってみないとわからないからやるだけ!ただそれだけですが、純粋にテディベアが好きで、この仕事に携っている私の使命だと思っています。



会場では、WBFのコーナーを設けました。協会からお借りしたWBFのパネル、リンダさん監修のベア、入会案内書を預かり、チャリティーオークションもしました。

チャリティーグループPOBの林田香恵子さんの作品と、吉川監修の作品、リンダマリンズさん監修のベアは、一律¥5000からのスタート値で、チャリティーオークションにかけられました。

結果、全ての作品のお家が決まり、総額¥94,678は全額日本テディベア協会・WBFへ寄付させて頂きました。ここで報告いたします。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!m(__)m



2日間で、来乗客数延べ1000人を超え、

初めてのミニコンベンションは、色んな意味で大成功だったと思います。

一斉に搬出を始め、最後に全員揃ってジュースでカンパイ!

三本締めで「第1回TeddyBear Trip」は無事に終了しました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

出展した皆さん、お疲れ様でした!m(__)m



全国の地方作家さん、 また第2回で一緒に盛り上がりましょう!そして最終的に、東京、大阪、名古屋、海外までへと夢は広がります!
[PR]
by petitoursbrun | 2006-10-24 10:51
<< 「子供達に贈るクリスマスベア」締切日 TeddyBear Trip ... >>